スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えふぴーじーあ

えふぴーじーあ

毎日触れすぎてて、頭がいよいよおかしくなり、
FPGA=フィールドプログラマブルゲイトアレイという固定概念から
度々かい離したいという欲求がえふぴーじーあをついに生み出してしまった。
ちなみにえふぴーじーあは私にとっての楽園を意味している。
えふぴーぎーあは、フロートポイントグレイトエリアの略称で
日本語では、浮動小数の海の楽園を示す。
これは、浮動小数のようにふわふわとした世界で
一度静寂な空間に精神を浸したいという欲求の片鱗でもあったりする。


さて、最近はオモシロスコープの波形表示を続いてトライしている。
スケールの計算が面倒際周りないので、CPUの力技である倍精度フロートポイントで実☆装。
結果は、波形表示が遅すぎて「愚の骨頂」の称号をGET
言い訳をすると、ハードウェアでのフロートポイントで高速演算を試みたのだけれども、
単精度(signle (float))ではなく倍精度(double)で計算させていたため、
ハードウェアで実装させたつもりが、ソフトウェアで実装されていた^^;

まだ具体的な方法は理解していないが、実装までの参考先を見つけたので
最後に私的チラ裏チラ裏することにする。

でも、ハードウェアで実装したいと書いてきたのだけれども、
2のべき乗に着目したシフト計算の方がシンプルなのでそちらでの実装を試む方向性になりそう。
決め打ちなので、精度の信頼性が出るし、処理速度も上がるはずだ。
その分、柔軟に対応できないので、普通のオシロのように可変スケールに対応できない点が欠点に。

実際に可変スケールを使ってみると、使い勝手が思いのほか悪いので
不必要な機能でいいよね・・ふんがっ!

----------------------------------------------------------------------------
チラチラコーナー

○NIOSのハードウェアによる浮動小数計算の実装に関しての参考先
http://www.altera.co.jp/literature/tt/tt_floating_point_custom_instructions.pdf
http://www.altera.com/literature/lit-nio2.jsp (ソース)

○ハードウェア(SOPC)
浮動小数計算のカスタム命令を実行するハードウェアをNIOSコアの設定から追加。

○ソフトウェア(NIOS)
ハードウェアで浮動小数計算を禁止するならば以下の設定が必要。
#pragma no_custom_fadds
#pragma no_custom_fsubs
#pragma no_custom_fmuls
#pragma no_custom_fdivs


○サンプルソース内での寄り道。
パフォーマンスカウンタコア・・・ソフトウェアの実行時間を計算するハードウェア


○型による計算の実装方法(ハードorソフト)
altera_fp.jpg

----------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nontop(すくみぃ)

Author:nontop(すくみぃ)
回路好きのへっぽこ大学生。

最近はFPGAを主にいじっています。
将来は組み込み屋志望。

FPGA関連はこちら

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク(エリア)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。